Agri Managerと新規雇用創出

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

農業分野におけるICTソリューションから生まれる新たな雇用に関する考察

(CHCペーパー Vol. 10)

要旨

農業分野におけるICTソリューションの提案が盛んである。こうした状況をポジティブに捉えれば、従来の労働集約的な産業での省略化が促進される一方、ICTをさらに普及させるためのプロモーション活動も必要となる。こうした状況の下、農業分野では、普及指導員のようなポジションは極めて重要である。つまり、農業に関する知見、防除体系、農業経営の実態を熟知していることは大きなバリューとなる。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, センサー, 圃場管理, IoT(Internet of Things)、ソリューション、高齢化、スマートフォン、通信キャリア、電波状況、クラウド型、事業継承、栽培ノウハウ、普及指導員、農業経営、防除体系

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri Managerとアボカドネット

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

ICTソリューション実現と栽培ノウハウの提供に関する考察

(CHCペーパー Vol. 9)

要旨

農業分野におけるICTソリューションの導入が加速している。日本の場合、現在のフェーズは、従来の属人的な経営管理や、必ずしも効率的とはいえない管理手法を改善するといういわばインフラ中心のものである。一方で、農業における技術力の向上を考えるとき、そのノウハウをどのように継承するか、またどのように自らの枠組みの中に取り込むかというソフト面での活用事例は少ない。こうした状況の下、一部では栽培ノウハウをICTを利用して提供するという取り組みが行われている。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, センサー, 圃場管理, IoT(Internet of Things)、ソリューション、高齢化、スマートフォン、通信キャリア、電波状況、クラウド型、事業継承、栽培ノウハウ

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri Managerとクラウドソリューション

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

通信インフラの整備とローコストモデルへの期待に関する考察

(CHCペーパー Vol. 8)

要旨

農業を対象としたICTを活用ソリューションは数多い。その広がりは大規模農業法人から、家族経営の農家にまで広がっている。農業向けICTソリューションの中でも、スマホやタブレットを活用したアプリケーションの利用においては、何よりも通信インフラの整備という大前提がある。山間地の圃場では、通信キャリアによっては電波状況の問題からインターネットへの接続が不安定な地域もある。こうした環境においては、ICTソリューション、とりわけクラウド型のモデルを使用する際のギャップが存在する。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, センサー, 圃場管理, IoT(Internet of Things)、ソリューション、高齢化、スマートフォン、通信キャリア、電波状況、クラウド型

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri Managerとリスク管理について

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

ドローン導入促進とリスクマネージメントの課題に関する考察

(CHCペーパー Vol. 7)

要旨

農業にもIoT(Internet of Things)の大きな流れは影響を与えている。圃場管理へのドローンの活用がその一例だが、高度な機器を導入することによる操作技術の担保と、農作業の高度化に伴う事故発生のリスク回避など、多くの問題が考えられる。日本において農業おけるサステナビリティは極めて重要だが、管理の高度化へ向けたリスクマネージメントも同時に重要となる。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, センサー, 圃場管理, IoT(Internet of Things)、ソリューション、高齢化、スマートフォン、ITリテラシー、、補償、保険、リスクマネージメント、ヒヤリハット、GAP

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri ManagerとIoTソリューションについて

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

圃場におけるInternet of Thingsの実現と農家の課題に関する考察

(CHCペーパー Vol. 6)

要旨

農業にもIoT(Internet of Things)を適用して圃場を管理するソリューションが近年急速に進んでいる。こうした状況の下、農家がIoTを農業に活用するには、どこまでを機械化するか、何を圃場で操作するかといったポリシーを定めることが必要である。日本に限定すれば、農家の戸数は約160万ほどあるが、そのうちのかなりの割合を小規模な農家が占めている。一方、高齢化の影響で農業従事者の65%以上が65才以上の人々で支えられている。日本ではスマホの普及は進んでいるが、それをどこまで農業に適用できるかは利用者のITリテラシーも必要となっている。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, センサー, 圃場管理, IoT(Internet of Things)、ソリューション、高齢化、スマートフォン、ITリテラシー

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri Managerとセンサーを活用した圃場管理について

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

センシング技術の利用と農業経営におけるコスト管理に関する考察

(CHCペーパー Vol. 5)

要旨

半導体の微細化技術の進歩に伴い、現在では多くの機器にセンサーが組み込まれている。農業においても例外ではなく、大小さまざまな施設の管理機器にセンサーが用いられている。一方で、圃場管理を高度化すれば、それに伴い管理コストも増加するため、農業経営を行う際にはその投資のリターンを慎重に考慮した上での採用が必須となる。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, センサー, 圃場管理, IoT、設備投資、リターン、回収

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri Managerとドローンを使用した圃場管理について

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

ドローンによる農薬散布とドリフトのリスクに関する考察

(CHCペーパー Vol. 4)

要旨

ここ数年でドローンを活用したビジネスが盛んになっている。農業の分野も決して例外でない。民間企業を始め産学連携による多くの試みが紹介されているが、農薬散布にあたっては大きなリスクをはらんでいる。圃場管理にドローンを使用する際に直面するリスクと、とりわけ農薬散布に伴うドリフトの問題について考えたい。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, ドローン, 圃場管理, IoT

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri Managerとデータ連携について

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

データベースとAIの活用に関する考察

(CHCペーパー Vol. 3)

要旨

農業経営支援アプリ「アグリマネージャー(Agri Manager)」(注)は中小規模の組織を対象とした基幹システムとして提供された。日本における農業の分野は、高齢化が進み、後継者難や技術、ノウハウの継承が大きな課題となっている。こうした状況の下、どのように日本の食糧生産を維持するかが極めて重要なテーマであるといえる。農業のICT化を支援する各種のサービスは、こうした課題を解決するための真のソリューションでなければならない。

Key words

Agri Manager, ICT, AI, 基盤整備機構(WAGRI), プラットフォーム, ターミノロジー

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri Managerと農業IT

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

未来の可能性に関する考察

(CHCペーパー Vol. 2)

要旨

農業経営支援アプリ「アグリマネージャー(Agri Manager)」(注)は中小規模の組織を対象とした基幹システムとして提供された。日本における農業の分野は、高齢化が進み、後継者難や技術、ノウハウの継承が大きな課題となっている。こうした状況の下、どのように日本の食糧生産を維持するかが極めて重要なテーマであるといえる。農業のICT化を支援する各種のサービスは、こうした課題を解決するための真のソリューションでなければならない。

Key words

Agri Manager, 農業, ICT, IoT, ドローン, ITリテラシー, 環境整備, 通信インフラ

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

Agri ManagerとIntegrity

アグリマネージャー(Agri Manager)のフォーカス

企業のあるべき姿

要旨

アグリマネージャー(Agri Manager)は2013年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションにより開発され、翌年リリースされた農業経営支援のアプリケーションである。2014年頃より、多くのICT関連企業が農業のIT化を対象としたサービスの分野に参入している。農業という分野を対象にしていることから、使用する用語に共通項も多く、各社とも商品やサービスのネーミングに苦労しているのが実態である。こうした状況の下、発想に行き詰った企業は他社が既に商品化している名称を使用しているケースもある。そこには、法令遵守とは別の、企業が拠り所とすべき無謬性(インテグリティ)の問題が生じている。

Key words

農業、ICT、サービス、商品名、インテグリティ